トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

ProgressBar

プログレスバーは処理の進捗をあらわすためのウィジェットです。

import org.eclipse.swt.*;
import org.eclipse.swt.layout.*;
import org.eclipse.swt.widgets.*;

public class ProgressBarSample1 {
  public static void main (String [] args) {
    Display display = new Display ();
    Shell shell =new Shell(display);
    shell.setText("ProgressBar Sample1");
    shell.setLayout(new FillLayout());
    
    ProgressBar progbar = new ProgressBar(shell,SWT.NULL);
    progbar.setMinimum(0);
    progbar.setMaximum(9999);
    
    shell.setSize(400,40);
    shell.open();
    
    for(int i=0;i<10000;i++){
        progbar.setSelection(i);
    }
    
    while (!shell.isDisposed ()){
      if (!display.readAndDispatch ()){
        display.sleep ();
      }
    }
    display.dispose ();
  }
}

コンストラクタのスタイル指定でSWT.SMOOTHを指定するとバーの表示がなめらかになります。

// スムーズなプログレスバー
ProgressBar progbar = new ProgressBar(shell,SWT.SMOOTH);

最終更新時間:2004年03月09日 03時48分52秒