TOP RSS LOGIN

Community

Products

Eclipse Plug-Ins

Libs & Tools

Documents

SourceForge.jp

FuzzyXML

FuzzyXMLはGUIツール等でのインタラクティブなテキスト処理に使用することを前提としたXMLパーサです。以下のような特徴があります。

  • 整形式でないXMLもそれなりに(適当に)パースできる
  • DOMライクなAPIでXMLを操作することができる
  • 各ノードがテキスト上の位置情報を保持しており、ツリーの操作に応じて位置情報も更新される

ツリーの操作と元のXMLテキストを同期するためのイベント通知機構

  • XPathによる検索が可能
  • いまのところ名前空間はサポートしていない
  • XML宣言、DOCTYPE宣言、処理命令はサポートしていない

ダウンロード

以下のURLからダウンロード可能です。

fuzzyxml.jarとlib/commons-jxpath-1.2.jarにクラスパスを通して

java jp.aonir.fuzzyxml.sample.Console

でサンプルアプリケーションが起動します。FuzzyXMLの機能をGUIで試すことができます。

ライセンス

Apache License, Version 2.0に準じます。

更新履歴

 2007/07/17 Version 1.0.0

  • 要素名の直後に改行があった場合に要素名が不正になってしまうバグを修正。

 2005/11/23 Version 0.0.9

  • 属性値を削除する場合の通知イベントに含まれる位置情報がバグっていたので修正。
  • 属性値、テキストノードの値を自動エスケープしないオプションを追加。
  • サンプルコンソールを少しだけ修正。

 2005/11/18 Version 0.0.8

  • 他のツリーから要素を追加した場合に位置情報の同期が不完全となるため親から削除されていない要素および既に子ノードを持っている要素をappendChildした場合に例外を投げるようにしました。
  • ダブルクォート、もしくはシングルクォートで囲まれた属性値を適切にパースできるようにしました。
  • 内部的に利用するいくつかのAPIを追加しました。

 2005/10/13 Version 0.0.7

  • FuzzyXMLElement#insertBefore()でノードが置換されてしまうバグを修正。

 2005/04/23 Version 0.0.6

  • いろいろ改良。

 2005/02/05 Version 0.0.5

  • 1つのタグに同じ名前の属性が複数あった場合に最初のものを優先するようにした。
  • 不正なドキュメントのパース機能を強化

 2005/01/28 Version 0.0.4

  • 不正なドキュメントのパース機能を強化

 2005/01/22 Version 0.0.3

  • DOCTYPE宣言のサポート
  • 処理命令のサポート
  • FuzzyXMLParser#parse(InputStream in) メソッドを追加
  • FuzzyXMLDocument#getElementByOffset(int offset)メソッドを追加

 2005/01/15 Version 0.0.2

  • FuzzyXMLElement#replaceChildを実装した。
  • 閉じタグがない要素を捨てずにツリーに追加するようにした。

 2005/01/10 Version 0.0.1

はじめてのリリースです。まだアルファバージョンです。