TOP RSS LOGIN

Community

Products

Eclipse Plug-Ins

Libs & Tools

Documents

SourceForge.jp

IPMessengerの概要

JavaによるIPMessengerの実装です。再利用可能なIPMessengerクラスと、 それを用いたSWTによる簡単な実装を同梱しています。

TODO

  • ログイン時の通知をプロトコル仕様通りの実装にする
  • ファイル添付の実装
  • ローカルネットワーク以外へのブロードキャスト
  • 不在モード
  • 暗号化

ダウンロード

こちらからどうぞ。

SWT版IPMessengerの起動方法

Windowsの場合ipmsg.bat、Linuxの場合ipmsg.shで起動できます。

IPMessengerクラスの説明

tk.ipmsg.IPMessengerクラスはIP Messengerのハンドリングを行うスレッドのための抽象クラスです。 このクラスを継承して、アプリケーション固有のバックグラウンドスレッドを実装します。

このスレッドはloginメソッドを呼び出した後にstartするとlogoutメソッドが呼ばれるまでの間無限ループし、 メッセージ受信時はIPMessengerクラスに定義されているフックメソッドを呼び出します。 このフックメソッドに各アプリケーション固有の処理を実装してください。 フックされる抽象メソッドは以下の通りです。

  • addMember - メンバー追加通知
  • removeMember - メンバー削除通知
  • recieveMsg - メッセージ受信通知
  • openMsg - メッセージ開封通知

また、アプリケーションからメッセージの送信を行う場合は以下のメソッドを呼び出します。

  • sendMsg - メッセージの送信
  • readMsg - メッセージの開封

詳細についてはAPIドキュメント(ソースコード)を参照してください。

ライセンス

Common Public License 1.0に準じます。

更新履歴

 Version 1.6(2004/07/12)

  • 前回起動時のユーザ名、グループ名を記憶するようにした。
  • ウィンドウを最小化した場合はタスクトレイに入れられるようにした。
  • 内部ロジックのボトルネックとなっていた部分をリライトし、動作を高速化した。

 Version 1.5(2004/07/08)

  • Linuxで動作させた場合に受信メッセージが文字化けしてしまうバグを修正。
  • Windows/Linux版のSWTを同梱するようにした。
  • 送受信したメッセージをログファイルに保存するようにした。

 Version 1.4(2003/07/27)

  • かわむーさんのコントリビュートを反映し、ライブラリ部分を使いやすくなるよう修正。
  • メッセージに:が含まれるとそれ以後を受信できないバグを修正。

 Version 1.3 (2003/01/08)

  • ユーザ、グループ、ホストでソートできるようにした。

 Version 1.2 (2003/01/02)

  • 起動用のexeファイルを添付するようにした。

 Version 1.0 (2002/12/13)

  • とりあえず公開。