TOP RSS LOGIN

Community

Products

Eclipse Plug-Ins

Libs & Tools

Documents

SourceForge.jp

StrutsIDE

2012/12/28 StrutsIDEは開発を終了しました。今後バージョンアップの予定はありません。

StrutsIDEはEclipseでStrutsによるWebアプリケーション開発をサポートするプラグインです。動作にはEclipse 3.0以降+JDT+GEFおよびEclipseHTMLEditorが必要です。また、必須ではありませんが、Sysdeo Tomcatプラグインをインストールしておくと便利です。

StrutsIDEはStruts 1.2に対応しており、以下のような機能を備えています。

  • 既存のJavaプロジェクトにStrutsサポートを追加する
  • struts-config.xmlのビジュアル編集
  • struts-config.xmlのバリデーション(DTDベースのバリデーションに加え、JSPやクラスの有無もチェックします)
  • Action、ActionForm、JSPファイルの作成ウィザード
  • Strutsカスタムタグを含んだJSPファイルのプレビュー
  • EclipseHTMLEditorのタグパレットを使用したStrutsカスタムタグの入力
  • JSPエディタでのカスタムタグの補完、バリデーション(EclipseHTMLEditorの機能)

現状では以下のような制限があります。

  • struts-config.xmlの全ての属性には対応していない(icon、decription以外は対応済)。
  • ソースエディタでの変更は保存しないとアウトラインに反映されない。
  • struts-config.xmlにコメントを入れておいてもモデルとの同期処理が走るとふっとぶ。
  • struts-config.xmlで日本語を使うことができない。

ダウンロード

こちらからどうぞ。ダウンロードしたJARファイルをECLIPSE_HOME/pluginsもしくはECLIPSE_HOME/dropinsに配置してください。

動作にはEclipseHTMLEditor(基本的に最新版)とGEFも必要になります。

ライセンス

Apache License, Version 2.0に準じます。

ただし、一部のアイコンについてはEclipse標準のアイコンを利用しています。これらについてはEclipse Public Licenseが適用されます。

使い方

 プロジェクトの作成

まずはSysdeo Tomcatプラグインで任意のTomcatプロジェクトを作成します。作成したTomcatプロジェクトにStrutsサポートを追加します。メインメニューから「ファイル」→「新規」→「その他」を選択し、新規ダイアログで「Struts」→「Strutsサポートの追加」を選択すると以下のウィザードが起動し、StrutsのJARファイル、TLDファイル、struts-config.xml、web.xmlが生成することができます。

 struts-config.xmlの編集

struts-config.xmlを開きます。StrutsIDEのstruts-config.xmlエディタはタブ形式になっており、グラフィカルエディタとソースエディタを切り替えて使用することができます。グラフィカルエディタではアクション、JSPを配置し、ビジュアルに画面遷移を定義することができます。変更内容はリアルタイムでアウトラインビューにも反映されます。また、配置したエレメントの属性はプロパティビューで編集することができます。

アクションフォームやグローバルフォワードなど、グラフィカルエディタで追加できないものに関してはソースエディタで直接入力するか、アウトラインビューのコンテキストメニューから追加します。

struts-config.xmlの内容にエラーがある場合、問題ビューにエラーの位置と内容が表示されます。また、ソースエディタの該当行にもマーカが表示されます。問題ビューでエラー内容をクリックすると、ソースエディタの該当行にジャンプすることができます。

 Action、ActionForm、JSPの作成

グラフィカルエディタもしくはアウトラインビューでアクションやアクションフォーム、JSPファイルを選択し、コンテキストメニューから「開く」を選択すると、対応するソースファイルをエディタで開くことができます。ソースファイルが存在しない場合はウィザードが起動し、新規作成することができます。

 動かしてみる

Sysdeo TomcatプラグインでTomcatを起動し、Webブラウザで「http://localhost:8080/プロジェクト名/任意のアクション.do」を呼び出します。

 他のプラグインと同時に使用する

更新履歴

 Version 2.0.7(2009/07/05)

  • struts-config.xmlエディタが生成するXMLファイルの形式をStruts 1.3でも利用できるよう修正。
  • struts-config.xmlエディタでクラス選択時にインターフェースも選択できるようにしました。
  • validation.xmlのコード補完をindexedListProperyに対応しました。

新機能の詳細についてはこちらもご覧ください。

 Version 2.0.6 (2008/09/06)

  • struts-config.xmlエディタでアクションを選択して右クリックから「サーバで実行」できるようにしました。

新機能の詳細についてはこちらもご覧ください。

 Version 2.0.5 (2008/02/16)

  • Eclipse 3.3に対応(3.2では動かないと思います)
  • JSPのカスタムタグの属性値でより高度なコード補完機能が利用できるようになりました。
  • アウトラインビューとダイアグラムの選択が同期するようになりました。
  • struts-config.xmlエディタにアウトラインタブを追加しました。
  • validation.xmlエディタでネストしたプロパティに対応しました。
  • struts-config.xmlエディタで画面遷移編集時に自動レイアウト機能を利用できるようになりました。

新機能の詳細についてはこちらもご覧ください。

 Version 2.0.4 (2007/02/25)

  • struts-config.xmlエディタで表示しているページに応じてアウトラインが切り替わるようにした。
  • 画面遷移エディタでグリッド表示をサポート。

新機能についてはこちらもご覧ください。

 Version 2.0.3 (2006/12/30)

  • Eclipse 3.2以上でのみ動作。
  • struts-config.xmlエディタの画面遷移エディタでエレメントを移動させた場合にベンドポイントが追従するようにした。
  • struts-config.xmlエディタの画面遷移エディタでエレメントのダブルクリックでウィザードもしくはファイルを開けるようにした。
  • struts-config.xmlエディタのアウトラインビューにサムネイルも表示できるようにした。

新機能についてはこちらもご覧ください。

 Version 2.0.2 (2006/08/20)

  • SwitchActionのサポート。
  • struts-config.xml、validator、tiles用のエディタをコンテンツタイプで関連付けるようにした。
  • Eclipse 3.1と3.2の正式サポート(3.0では動作しません)。

新機能についてはこちらもご覧ください。

 Vesrion 2.0.1 (2006/06/18)

  • 内蔵のStrutsをStruts 1.2.9にバージョンアップ。
  • 画面遷移図の印刷、画像へのエクスポートをできるようにした。
  • struts-config.xmlエディタでコメントを編集できるようにした。

新機能についてはこちらもご覧ください。

 2006/03/06 Version 2.0.0

  • Validator用エディタの改善。
  • struts-config.xmlのビジュアルエディタで遷移元と遷移先に同じアクションを指定できるようにした。
  • 複数モジュール時にも正しく動作するようにした。

 2005/12/25 Version 1.1.8

  • .do以外の拡張子を使用できるようにした
  • actionのinput属性、forward属性、redirect属性をダイアグラムで編集できるようにした
  • 画面遷移の編集時に遷移元と遷移先が同じ場合を許容するようにした
  • 画面遷移エディタからTilesのページを開けるようにした

 2005/09/17 Version 1.1.7

  • 画面遷移のビジュアル編集時にダイレクト編集ができるようにした。
  • 画面遷移のビジュアル編集時にズームイン、ズームアウトできるようにした。
  • ウィザードを"Amateras"->"JSF"に移動した。
  • マルチページエディタでもルーラのアクションを使えるようにした。
  • struts-config.xmlのバリデーション処理の改善。

 2005/07/24 Version 1.1.6

  • tiles-defs.xmlのバリデーションの不具合を修正。

 2005/07/09 Version 1.1.5

  • Eclipse 3.1をサポート。
  • 補完とバリデーション機能を備えたTilesとValidator用のエディタ
  • 「Strutsサポートの追加」ウィザードでTilesとValidator用の設定ファイルの雛形を生成できるようにした。
  • JSP生成ウィザードでテンプレートを利用するようにした(テンプレートはプリファレンスで編集可能)

 2005/04/09 Version 1.1.4

  • フローエディタで矢印をドラッグして軌道を変えられるようにした。
  • 細かいバグ修正。

 2005/03/19 Version 1.1.3

  • JDK 1.5サポート(のはず…)。
  • struts-config.xmlのアウトラインがちらつく問題を修正。

 2005/03/01 Version 1.1.2

  • struts-config.xmlエディタでTilesで定義されたページ名を使用できるようにした。
  • struts-config.xmlエディタのソースタブでEclipse標準のテキストエディタアクションを使えるようにした(マークセット、インクリメンタルサーチ、印刷などができるようになります)。

 2005/02/19 Version 1.1.1

  • 一度ビルダが走るとアウトラインビューからstruts-config.xmlを編集できなくなるバグを修正。
  • aタグのhref属性やformタグのaction属性にアクションのパスを補完できるようにした。
  • JSPエディタのhtml:linkタグやhtml:formタグでアクションやフォワードを補完できるようにした。

 2005/02/13 Version 1.1.0

  • 動作にはEclipseHTMLEditor 1.6.0が必要です。
  • グラフィカルエディタでJSPファイルやアクションクラスが存在しない場合はアイコンにワーニングのマークを表示するようにした。
  • グラフィカルエディタで配置したJSP、アクション、フォワードに対して/page1.jspなどのように初期値を設定するようにした。
  • struts-config.xmlに対してDTDベースの検証だけでなくJSPやクラスの有無も検証するようにした。
  • EclipseHTMLEditorのタグパレットからStrutsのカスタムタグを追加できるようにした。
  • JSPウィザードで作成されたJSPにcharsetも出力するようにした。

新しくビルダを追加したので、既存のStrutsIDEプロジェクトがある場合は新しくプロジェクトを作成し、Strutsサポートを追加したうえで元のプロジェクトのソースをコピーしてご利用ください。

 2005/02/03 Version 1.0.2

  • プロパティビューでページのパスを入力時に先頭が/でなかったら自動的に追加するようにした。
  • 動作にはEclipseHTMLEditor 1.5.4が必要です。

 2005/01/16 Version 1.0.1

  • Strutsカスタムタグのプレビュー機能をEclipseHTMLEditorから移動した。
  • EclipseHTMLEditorを活性化していない状態でStrutsサポートの追加ウィザードを起動するとエラーが発生するバグを修正した。
  • JSPの作成ウィザードでJavaプロジェクトのルートを指定してウィザードを起動したときにディレクトリが空欄になってしまうバグを修正した。
  • 動作にはEclipseHTMLEditor 1.5.1が必要です。

 2004/12/25 Version 1.0.0

  • EclipseHTMLEditor1.5.0が必要です。
  • アウトラインビューの描画を改善した。
  • struts-config.xmlエディタでフォールディングできるようにした(EclipseHTMLEditorの機能)。
  • モデル→ソースの同期時にエディタの変更行以外のマーカが消えてしまう問題を修正した。

 2004/12/10 Version 0.0.6

  • struts-config.xmlエディタ表示時に アウトラインビューとプロパティビューも表示するようにした。
  • forwardのパスにクエリ文字列を含めることができるようにした。
  • JSPウィザードでhtml:html、html:formを出力するようにした。
  • 各種ウィザードのウィンドウタイトルを表示するようにした。

 2004/12/04 Version 0.0.5

  • XMLエディタ、Webアプリケーションのルート設定をEclipseHTMLEditorに依存する形にした。
  • XMLエディタでタグの親子関係を意識したアシストを行うようにした(EclipseHTMLEditor側の機能)。

 2004/11/06 Version 0.0.4

  • 「Strutsサポートの追加」ウィザードでWebアプリケーションのルートを選択できるようにした。
  • 上記に伴ってJSP生成ウィザードでWebアプリケーションのルートを基点にファイルを作成するようにした。
  • プロジェクトのプロパティでWebアプリケーションのルートを変更できるようにした。
  • 「Strutsサポートの追加」ウィザードのプログレスバーの表示処理を変更した。
  • 「Strutsサポートの追加」ウィザードでWEB-INFおよびWEB-INF/libが存在しない場合は作成するようにした。
  • 国際化が漏れていた部分を修正した。

 2004/11/01 Version 0.0.3

  • Strutsサポートの追加時にstruts-config.xmlの生成でエラーになるバグを修正。
  • プロパティビューなどで必須属性に*印をつけた。
  • struts-config.xmlのバリデーション時にクラスの有無チェックは行わないようにした。

 2004/10/21 Version 0.0.2

  • struts-config.xmlの要素・属性のうちiconとdescription以外の全てに対応した。
  • メッセージを外部化し、日本語と英語のリソースを用意した。
  • ソースエディタで入力補完機能を実装した。
  • struts-config.xmlにエラーがある状態でstruts-config.xmlエディタで開くとフローエディタとアウトラインがクリアされてしまうバグを修正。

 2004/10/15 Version 0.0.1

  • はじめての一般公開。